2010/03/16

過ぎたコトを受け入れる能力には少し自信が有ります(笑)。
近年は都合良く捉えられる立場に立ったコトは無いのだけれど。
大嫌いな「あきらめ」以外の方法論はいっぱい有るからね。

オレは次のラママが楽しみだ。

オレは闇や影を隠そうとは思わない。
「人類皆平等」的な逃げ文句をまともに受け止めるコトは出来ないが。
考え抜いて必要悪とただの悪は見極める。
オレは発信源だから…過剰に受け手のコトも考える。
商人的な発想では無くね。
損する生き方は慣れないよ。
変えないのは譲れないからだ。
ま…得はしたいよね(笑)。誰でもさ。
このままのオレがいつの日か潤うなら(笑)…
それすら隠そうとも思わない。
ただ…未だそういう状態とは無縁だが(笑)。

みんながオレを信じてくれてるのは解ってる。
そういう付き合い方をして来た自負も有る。

オレが悔しかったのは…今のacalliだからだ。
数年前を思い出してみてくれ。
オレ以外に期待を持ってくれるお客さんはほぼ皆無だった。

今はきっと…少し違う。確実に。
だから余計に痛かっただけ。
きっとそんだけだ。

自分の強さと弱さは嫌なくらい知っている。
多分…ハードコアなみんなも解り切ってると思う。

犯人は探せば確実に見付かるけど…この場合において意味は持たない。
だから…ある意味どうでもいいし。

世間の事情を身の回りに置き換えるのも嫌いだ。

とにかくオレはオレ。
宣告通り…同じコトが起こったら耐えられないとは思うけど(笑)。
そうしようとしてるヤツは居ないと思いたい。

猫好きに「負け犬」は有り得ない。

これからもよろしく頼みます。

極めたいと思います。自分を。


アキト


Prev [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] Next

Diary(ver1.11)