2010/12/28

オレはバンドがやりたかった。
子供の頃に夢見た様なバンドを。
飽くなき野望やモチベーションを持ち続ける強さとか。
愛せて愛される感じとか。

そういうのは消えないんだね。
オレは最近爆発してしまったし(笑)。
この期に及んで向き合うコトが多過ぎる。

音楽に貢献するにも…
音楽をする為の作業でも…
音楽をやる側がしなくてはいけないコトは表面上だけじゃない。
人間がやるコトに対しては人間性が常に問われる。

acalliはバランスが最悪なバンドとしてスタートした。
バンドとして捉えたい人とそうじゃ無い人が居た。
どちら側の立場の人でも責任を負う様な行為を避ける様な。
当然の様にメンバーは変わった。
ぐっちが入って音楽の軸が太くなった。
PPHすーずきさんが入ってバンドとしてまとまり始めた。
ぐっちとPPHすーずきさんがacalliを変えた。
オレは余計に傷付くのを嫌悪してリーダー的な部分を時々放棄した。
現リズム隊の彼等が支えた。
オレははっきりと明記したい。

ギタリストお二人はオレも手を焼くくらいマイウェイな人達で(笑)。
別な理由だけど二人を愛しているのは事実で。
acalliの浮き沈みが彼等に掛かっていたのも事実。

最後のライブの寸前でもがいている。
きっと…そんな必要は無いのは解ってるけどね。

何が出来るのか解らない。
だけど…何かやりたいし。出来ると思っている。

ウチのお客さんのほとんどはオレのお客さんで…
時間は問わずとも親身になってサポートしてくれて来たみんなで。
オレの最後のライブだし特別だし…魔法が掛かっていて。

それでもオレは彼等4人の素晴らしさ無しでは歌えなかったんだわ。

此の世は自分を探しに来たところ…
此の世は自分を見に来たところ。

でっかい円陣組んで何が出来るか確かめてから始めよう。
何かの終わりでは無くね。

オレが愛された理由と愛した理由は同じはずだから。

オレ達にはその場限り以上のコトなんて軽く出来るはず。

この後に何十年も話す様な瞬間を。

そういうのやろう。


アキト


Prev [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] Next

Diary(ver1.11)