2010/03/20

久々に振り付け指導をします(笑)。
乗り越えるべき大きな壁の存在は初披露時から気付いてましたが…。
そうです。[pieces]のコトです。
歌詞を発表しないのは未だに完成されていないからで…
ただでさえ散文的な英詩を自己流発音するのでヒアリングもしにくいだろうし(笑)。
「このままじゃオレ達はバラバラになっちまう」と繰り返し…
いろんなトコに投げかけてる感じの歌詞です。
オレ達(みんなも含めて)の感性にそう違いは無いと思うから。
美しさと攻撃性は共存する。
どんな音楽も関係も守りに入ったら醜いだけだ。
自信の無さを補い合える相手が居て初めて強くなれる。

ま…とにかく(笑)。
あの曲はそういう曲で。
オレ達みんなで進化させる必要が有ると感じる。
難解な部分はギミックだ。
本質はちゃんと有る。

やらされてる感丸出しでもいい。
ドラムがドコドコタカトコ繰り返す箇所にはパンパンンパンパってパーカションが入ってる。手拍子ポイントだ!
う〜ん…とりあえずオレが手拍子するから付いて来て。
多分…恥ずかしそうな顔してるかもだけど。
ソコから始めよう。
その後はみんなで膨らませてくれ。

ウチのライブの強みは気持ちの繋がりの強さ。
圧倒的な一体感。
最近は少し弱いよな。
失う前に取り戻して進化させたい。
オレの音楽はみんなのモノだ。
より多くのみんなと共有すべき何かを大切にしたい。

あと…オレがギリギリまでドラムに寄るから、お前らは前に来い。
正直堪え難い。隙間だらけの一体感なんて有り得ない(笑)。
もっと求めてくれ。
そこにオレの寿命が(笑)。←まるで笑えない。

バンドにはまだへこたれてるヤツが居るかもしれないし…
オレ以上に間抜けなヤツも居るかもしれない。
ただ…ラママがいつも以上に重要なのは共通事項。

頑張ります。
よろしくね。


アキト


Prev [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] Next

Diary(ver1.11)